情報高速事業協同組合は、経費管理の効果を提供するビジネスパートナー
情報高速事業協同組合
情報高速事業協同組合ホーム 情報高速事業協同組合共同購買 情報高速事業協同組合情報提供 情報高速事業協同組合お問い合わせ
リンク集サイトマップ
ネットワーク
外国人技能実習生共同受入事業
中国・ベトナム・タイ、外国人受入実績東南アジア マップ

外国人技能実習制度とは
外国人技能実習制度は、外国人が技能実習生として、日本の企業において実際の実務を通じて実践的な技術や技能・知識を学び、帰国後母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度です。
技能実習生は1年間の技能実習終了前に技能検定
(基礎的な技術試験)を受け、合格者はさらに2年間企業の従業員として技能・知識の熟練度を高めます。(計3年)


外国人技能実習生共同受入のメリット
@繁忙期を予測し、ニーズに応じて受入可能
A若くてやる気と向上心ある優秀な人材の受入
B企業内の活性化及び国際化と真の国際貢献
C現地法人及び工場の幹部候補生を育成



外国人技能実習生共同受入の概要のページへ→
  外国人技能実習生共同受入事業
ETCカード事業


情報高速事業協同組合  
HOME組合概要技能実習生受入共同利用共同購買情報提供リンク集サイトマップお問い合わせ
Copyright(C) 2012 Joho_kousoku. All Rights Reserved